外脛骨

先日有痛性外脛骨のお子さんがお見えになりました。

外脛骨とは足の骨の一つである「舟状骨」の障害です。

舟状骨は内くるぶしの前下方(土踏まずの近く)に位置していて、


そこに付着している筋肉の作用により痛みが生じます。

比較的腫れが大きく、圧痛も強くありました。

まずは圧痛をできるだけ除去し、足根骨の調整を行いアーチを形成します。


ふくらはぎの緊張も取り除く必要がありますので緩めます。

圧痛が少なくなってきたころには腫れも小さくなったので1回目はそこで終了としました。



経過を観察しつつですが、場合によってはインソールでの調整も行う必要があります。


運動をしている方にはいろいろな足の障害がつきものです。

どこかが気になっていては高いパフォーマンスが出せませんので、できるだけ早い処置が必要です。


スポーツによる筋疲労も含め、どこかに痛みがある場合はお気軽にご相談ください。



【ご予約・お問合せ】

大宮あずま町整骨院

048-645-7261



大宮あずま町整骨院

当院の案内等知りたい情報は最上部のメニューからお入りください。 当院は『手』による治療に力を入れ、小さなお子さんから高齢の方まで安心して治療を受けられるような手技を用い、1分1秒でも早く症状が改善できるよう日々努力しております。誠心誠意真心こめて治療させていただきます。地域に根ざし、皆様の健康のお役に立てるよう精一杯頑張ります。

0コメント

  • 1000 / 1000